14世紀半ばには早くも「トルコの脅威」がヨーロッパ世界で語られ、ローマ教皇によって十字軍の結成が呼びかけられていた。だが、オスマン軍はほとんど不敗だった(中略)強者は、ただ「力が強く乱暴」だから強かったわけではあるまいー「プロローグ」より

○ culture / 土地と歴史

『 オスマンvs.ヨーロッパ 〈トルコの脅威〉とは何だったのか』新井政美著

販売価格
1,155円(税込み)
JANコード
9784065228456
メーカー
講談社学術文庫
ブランド
新井政美著

  • 入金確認後通常1-3日で発送
  • ポスト投函対象商品:全国一律送料385円(税込)
※送料サイズの異なる商品と合わせてご購入の場合は、最も大きなサイズの配送方法と送料が適用されます


商品詳細

ヨーロッパが震えた400年 
オスマン帝国を通して読むと、世界史が違うすがたを見せ始めるーー

「この曲の名は『汝が父祖、汝が祖父』というった意味なのだが、実はこの曲の歌詞が表現しているのは、決してオスマン軍の精強さなぞではなく、トルコ民族としての誇りの感情なのである。そしてそれはイェニチェリがヨーロッパ世界を震え上がらせていた当時には存在していなかった感情である。なぜなら、イェニチェリは、本来バルカンのキリスト教徒の子弟から徴発されたものたちによって構成されていた―つまりトルコ人ではなかった―し、第2にオスマン帝国に「民族」の概念は存在していなかったからである。」(プロローグ 「トルコ行進曲」の起源 より)

ヨーロッパが「トルコの脅威」と力説するオスマン帝国は、決して「トルコ人の国家」だったわけではない。「イスラムの脅威」に対し十字軍が何度も組織されたが、オスマン帝国にはキリスト教徒もたくさんいた。宗教的寛容性と強力な中央集権体制をもち世界帝国を目指す先進国へのおそれ、その関わりこそが、「ヨーロッパ」をつくり、近代化を促したのだ。数百年にわたる多宗教・多言語・多文化の共生の地が、民族・宗教紛争の舞台になるまで。


著者紹介:
新井 政美(あらい・まさみ)
1953年、東京に生まれる。東京大学大学院東洋史専攻博士課程単位取得退学。大阪市立大学文学部助教授、東海大学文学部助教授、東京外国語大学外国語学部教授などを歴任。東京外国語大学名誉教授。トルコ歴史協会名誉会員。専攻はオスマン帝国史、トルコ近代史。著書にTurkish Nationalism in the Young Turk Era (Leiden: E.J.Brill, 1992; Tansel Demirel訳、Jon Turk Donemi Turk Milliyetciligi. Istanbul: Iletisim, 1994)、『トルコ近現代史――イスラム国家から国民国家へ』(みすず書房、2001)、『オスマン帝国はなぜ崩壊したのか』(青土社、2009)、『憲法誕生――明治日本とオスマン帝国 二つの近代』(河出書房新社、2015)ほか。訳書に、ジェム・ベハール『トルコ音楽にみる伝統と近代』(東海大学出版会、1994)、監訳書 に、M・シュクリュ・ハーニオール『文明史から見たトルコ革命――アタテュルクの知的形成』(みすず書房、2020)ほか。


目次:
プロローグ 「トルコ行進曲」の起源

第一章 オスマン帝国の起源
1 ユーラシア草原を西へーートルコ系遊牧民の西漸
2 トルコ族のイスラム化とアナトリアのトルコ化
3 モンゴルの西征とオスマン朝の誕生

第二章 ヨーロッパが震えた日々ーーオスマン帝国の発展
1 オスマン朝の興隆ーームラト1世とバャズィト1世の時代
2 世界帝国への道--メフメット2世とコンスタンティノープル征服
3 ヨーロッパにとっての東方

第三章 近代ヨーロッパの形成とオスマン帝国
1 普遍帝国オスマンーー「壮麗者」スレイマン一世とウィーン包囲
2 オスマン対ハプスブルク
3 近代ヨーロッパの成立とオスマン帝国

第四章 逆転ーーヨーロッパの拡張とオスマン帝国
1 最初の暗雲ーースレイマン1世の死
2 変化の兆しーー一6世紀後半のヨーロッパ
3 変容する帝国ーースレイマン一世以降のオスマン帝国
4 退潮の時代ーー第2次ウィーン包囲失敗
5 枠組みの転換ーーオスマン優位時代の終焉

エピローグ 「トルコ軍楽」の変容
参考文献
あとがき
学術文庫版へのあとがき
索引


発行年月日:2021/03/11
判型:文庫
ページ数:264ページ
サイズ:15cm

イスタンブルの軍隊博物館に復活したイェニチェリ軍楽隊『ジェッディン・デデン(汝が父祖、汝が祖父)』

RECOMMEND

おすすめアイテム